<   2013年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんと犬のお散歩 ウェブカメラ編

何よりも、一番あってよかったのは
ウェブカメラです!


これは311の大震災のあと、余震が続いたり、計画停電があったりで
仕事中、お留守番しているワンコが心配で心配で買ったもので、
スマホから操作して
犬を探したり、エアコンの吹き出し口が開いているか確認したり
かなり広範囲に向きを変えることができるものです


a0214702_12333511.jpg

そして、今は、よく眠ってるなぁ というスキを見て
カメラを顔の前にもってきて
15分くらい、家からそう離れないように
家をぐるっと大きく回るような道を選んで
こっそりお散歩に出かけます
スマホ片手に様子をみつつ
泣きそうだな、とか、泣き出したと思ったら
最短ルートで戻ります。
よく寝ているな、と確認しながらなので
心に余裕を持ってお散歩してこられます
a0214702_12335313.jpg


もちろん、家を出て100m程度で泣き出して
慌てて戻って、やっぱりエルゴで・・・ということもあります。

でもこれ、よく寝ているとき限定、なので
月齢があがるにつれて、無理が出てくる気もします。
でもその頃は首が座って、抱っこ紐が楽になるのでは、
とも思っています。

そして、最大の難点は・・・・
私の骨盤底筋・・・・
出産で破壊されたあと、尿漏れがあったりして
今、随分良くなってきたのですが(^^;
この前“あっ泣き出した!”と思って
まだ帰りたくないワンコを抱っこして
小走りで帰ったのですが
走ると、トイレ行きたくもないのに
若干漏れる(^^;;;
お散歩の前にトイレを済ませるの必須なんですが
私の骨盤底筋。。。困ったものです
鍛えねば・・・どうしたら元に戻るんでしょうか(ーー


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-31 12:30 | 赤ちゃんと犬 | Comments(2)

赤ちゃんと犬の散歩 抱っこ紐編

ベビーカーはどうも、犬のお散歩に向かないことがわかったので
今頼っているのは、抱っこ紐のエルゴです。

a0214702_10562293.jpg


インサートクッションと、エルゴ本体と、それぞれ別のお友達から
いただきました!感謝感謝です

もう、これがなかったら、本当困ってたと思います。
エルゴで抱っこすれば、ゆっくり歩いて、40分くらいはお散歩できてます。
ただ、まだ首が全然座ってないし、結構気を使います。
いくら新生児から使えるクッションがあっても
首が前に傾かないように、あまり大きく上下しないように・・・・

そして、うんちを拾うときは、慎重に・・・
手を添えて
なるべく垂直に座って立って、をしています。
メーカーは不明だけれど、抱っこ紐からの赤ちゃんの落下事故って
結構あるみたいですね。ニュースで言ってました
かがんだ瞬間が一番事故が多いらしいです

一番の問題点は、暑いってことでしょうか・・・
今の季節、随分涼しくなってきてるけれど
それでも歩くと暑いです(^^;
もっと暖かい季節とかだと、かなり厳しい気がします

あと、気を使ってるので、今のところ、背中や肩が懲ります
それから、脱着がボチボチ、手間です。

でも、長く使えるし、必需品です。

そして、さらに長くなるので、続く・・・・


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-30 12:29 | 赤ちゃんと犬 | Comments(2)

赤ちゃんと犬のお散歩 ベビーカー編

い、いま、ほのかに殺意を覚えております
廃品回収の車に・・・

朝からグズグズ
私の手首を痛めて、やっとさっき寝付いたのに
眠りが浅くて
廃品回収車の「いらなくなったぁ~・・・」なんてアナウンスに
グスングスン言い始めた。



・・・でも、ど、どうやら大丈夫みたい。
ぜぃはぁ


さて
我が家には、チワワのアーちゃんがおりますが
今まで、朝は50分 夕方は15分程度のお散歩を日課としてきました。
サクサクは歩かなくて、道草が長いタイプ。
赤ちゃんが産まれたら、お散歩、どうしよう?って思ってました。

夏は朝5時の夜は9時くらいのお散歩なので
夫がいるあいだに行けるので問題なし。
でも、冬は朝は9時 夕方は4時頃です。
これだと両方夫がいない。

・・・とはいえ、今は夫が長期出張で
どのみち一人なんですけど・・・

で、まず試してみたのはベビーカー。
持っているのは、コンビのメチャカル(多分ファースト)です。
生後1か月から使えるもので
本当は、ベビーのお散歩には、ベビーカーが一番いいとは思います

買ったものではなくて、お友達から借りているので
いろいろ見比べてないので、これに限って、とりあえず言えるのは
犬の散歩には向かない。です。
このベビーカーは、対面式になるのですが
対面式にすると車輪の動きが、より自由なほうが手前、後輪にきて
操作性が非常に悪くなります。小回りが難しくなるというか。

うちのワンコは、躾がなってないので
道の右端を歩いていて、突然興味が左にいくと
急な方向転換をしたがって、
そういうときは、いうことを聞きません・・・

ベビーカーは、ちょっと1m真横に移動する、
ずれる、というのが
とても困難だとわかりました

対面式にしなければ、操作性はずっといい、とわかったのですが
生後1か月の赤ちゃんを乗せて歩くには
押している方(私)も素人だし、不安いっぱいで
どうも、見えない状態で、というのは現実的ではないです。
日差しが顔にあたってるかも、とか
ブランケットがずれてるかも、とか・・・

しかも少しの段差やら
砂利道なんかあったら、もう大変。
両手でベビーカーを持ち上げるわけだけれど
犬のリードを持った状態だと それがチワワでも
やっぱり厳しいです。

しかし、もっと赤ちゃんが大きくなってきたら
やっぱりベビーカーに頼るしかないときが来るのかもしれません・・・
そのうち、ベビーカーを買うので
いろいろ勉強したいと思います

長くなるので続きます・・・


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-29 10:45 | 赤ちゃんと犬 | Comments(2)

黄昏泣き?

比較的、産まれてすぐから、夜はぐずりが多いのだけれど
最近特に、夕方から夜のぐずりが、本格的になってきました
いや、前からかな・・・あまり、頭の整理ができなくて・・・毎日やっと生きてるので(--;
いつからだろう。
気づいたら、結構前からだったような

17:00~22:00くらいまで特に、本当に、ひどい。
ぐずるっていう可愛いもんじゃなくて、なかなかの、ぎゃん泣き・・・
最初はグズグズって感じだけれど
そのうち、おっぱいをくわえているとき以外はギャーギャー泣いて、
のけぞって嫌がって、
お腹すいて限界なのかなって、3時間待てずにミルクをあげて、
おとなしくなるも10分程度でまたギャン泣き。

暴れる娘を抱っこして、右往左往で
手首痛いし、肩も背中も腰も膝も、もう全身痛い
ふう~ 何がいいんたいんだろう。いわゆる黄昏泣きなんだろうか。

そうやって、ミルクが足りないのかもしれないと、
先日少し減らしていいですよ、と言われたばかりなのに
やっぱり足りないんじゃないかと、思い出す・・・

はあ~~~
疲れちゃうよ。

でも今日から決めました。
ぎゃん泣きしてても、なんでもいいから
ちょっと1人で泣かせておいて
あたし、カフェオレじっくりいれて、飲んでやるんだからー!



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-28 16:27 | | Comments(8)

犬と赤ちゃん

a0214702_15292959.jpg


赤ちゃんと犬 というカテゴリーを作ってみました。

私は、小さい頃から犬や猫がとくにかく大好き。
特に、犬が好きで、雑種でも、大きくても小さくても、
美しい犬も、小汚い(笑)犬でも
どの子でも、かわいくて仕方ないのです

今一緒に住んでいるワンコは、今まで名前を出してこなかったけれど、
アーちゃん(仮名) チワワ。10歳です。

子供は別にいらないかな、とずっと思ってきました。
犬が心の底から大好きだし、犬がいればもう、最高に幸せ。
愛情の全てを注ぐ存在なら、アーちゃんだけで満たされていましたし
 でも、まぁ、人生って色々なことがあり、色々なことを考え
年齢とか、仕事とか、環境とか、ね。
ほんの少しの不妊外来を経て、このたび娘のシィが産まれてきたのですが

犬にしか興味がなく、人間の子供に、あまり興味を持ってこなかった私が
妊娠を医師から告げられた時、
本当に私が妊娠するとは、心のどこかで思っていなかったところもあり、
一番に心配したのは、アーちゃんのことでした。

この大切な、愛おしい、さみしがり屋で甘えん坊の、私の全てであるアーちゃん、
幸せな時、楽しかった時はもちろん
嫌なことがあったとき、寂しい時、生きるのが本当に辛かった時、
いつもそばで私を支えてくれた、私の生きる糧である、アーちゃんに、
辛い思いをさせないで、人間の赤ちゃんを産み愛情をかけて育てるということが
両立するのか、と。

大袈裟な話ではなく、アーちゃんがいなかったら
私は今生きてないかもしれないと、時々思う。


思いがけないときに、急に陣痛がきたり破水をしたりしては
アーちゃんに迷惑がかかると思い
計画無痛分娩を希望しました。
結果、自然分娩だったけれど
予定通り、前もって入院しての出産だったので、そこはうまくいきました。

出産の少し前にアーちゃんと里帰りをしました。
退院してシィを連れて帰ったとき
少し動いたり、泣いたりしたときに、数時間、吠えましたが
そのあとは、慣れたのか、見て見ぬふりで、おとなしくなってくれました。

その夜から、シイはベビーベッド アーちゃんは同じ部屋の
私と一緒のベットです。
里帰りを終えた、今でもそうです。

生後1か月を過ぎた今、アーちゃんは、娘のことを
怒ったり吠えたりはしないけれど、まだ、喜んで受け入れているところには
来ていません。

赤ちゃんと犬がうまく共存するためには
どう生活したらいいのか、これからの大きなテーマです・・・
[PR]
by mimooon | 2013-10-24 15:30 | 赤ちゃんと犬 | Comments(5)

保健師さんが来た!

a0214702_1794670.jpg

市の保健師さん、待ってました!来てくれました!
本来は2か月過ぎてから・・・らしいのですが、
母乳&ミルクのこと、色々聞きたくて、わからなすぎて
困っていたので、お願いして早く来てもらいました

まずは体重測定。急に顔が大きくなったな・・・と思っていたら
ギュン!と大きくなっていました。
というのも最近、夜のグズりがひどくてミルク足らないのかな・・・って
ミルクがどんどん増えていたせいかも。

母乳のあと、ミルクを毎回足しているので、その量などを話して
もう少し減らしてもいいかもしれない、等のアドバイスをもらいました

とはいえ、減らすって結構難しいです。
ちょうどお腹すいて目覚めるころに来てくれて
2時間くらいいてくれたので、

泣いて起きる→
なだめて、まわりを色々見させたりして、少し、遊ぶ。→
母乳→いつもより20cc少ないミルク→
気をそらしても満足しなくて泣いたのでもう一度母乳→寝る

の流れを
一緒に見てくれました。
「ほら、これで20cc減らせたでしょ!」って。
この時は、それでうまくいった。

保健師さんは慣れているので、あやすのも、気持ちをそらすのも上手。
これが自分でやるとなると、なかなか、うまくいかないんだなぁ・・・・
ていうか、全然、うまくなんか、いかないんだなぁ・・・

一番悩んでいたミルクの足す量
足りない気がして、今日にでも少し増やそうと考えていて
増やしていい目安ってどんな?
と、ミルクをどんなふうに増やすか
増やす方向でばかり幾つも質問があったのに
ちょっと今は、あげすぎ、という逆の指示で
用意していた質問の9割は消えてしまった。
少し、減らすように頑張ってみるけれど
でも、娘は成長して大きくなるし、やっぱり
そのうちミルクの量が増えて普通なわけで・・・
こうやって頑張れば母乳の出る量は3か月までは
増えるからね、って・・
うん、それは知ってるけどね。
今のところ、そんな出てきているようになってる感じ
してないけども。

市の施設で
保健師?助産師?が来て、体重測定をして
ミルク足す量やら、育児相談やら
色々と相談できる日が2週間に一度、実はあることを教えてくれた。
もっと早く知りたかったー!!
若干遠いので、ちょっと面倒だけれど
今度からその、2週間に1度の日には
毎度顔を出したいと思いました。

これなら、ミルクをどれだけ足しているのか毎回話して、
ミルクの増減を相談できる。
夫がついに出張に出たし
いつも、ミルクを足す量を
1日に7~8回、作るごとに
何CCがいいのか、迷って、一人で決断する
この不安から、少しだけ、解放されそうです。

保健師やら、助産師やら
市の電話相談のことも説明してもらって
もう、今度から、なるべく、電話しちゃおうと思います


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-23 17:40 | | Comments(4)

ギャザーフレアのロングベスト 

妊娠中に編んだ、ギャザーフレアのロングベスト。
川路ゆみ子さんの本のやつ。
そのときの記事こちら

着せたところ写真撮りました!

a0214702_10322127.jpg


まだ、ブカブカです。
寒くなる頃、ちょうどいいかなぁ?
でも、モコモコです(^^;
実用性ではなくて、編んで、一応着せてみて、それで満足するものですから~

にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-11 10:29 | ハンドメイド | Comments(0)

生後1か月経ちました

娘のシィが産まれて、一か月たちました。
退院して1週間で母乳が足りな過ぎて、体重を減らしてしまってから、
ちゃんと育つのか、とっても心配で不安な毎日でした・・・
でも無事、一か月検診を迎えられて、一安心しました

一か月、めいっぱい考えてたのは、母乳とミルクのこと。
市町村の母親教室で、グループで母乳がなぜいいのか、話し合いましょう
出た意見を発表しましょう、なんて
母乳が一番ですよ~母乳で育てましょうね、母乳がいいですよ~
と母乳母乳と言われてきて
でも現実は母乳がそんな出なくて。

ネットでどんなに検索しても
母乳をあげつつのミルクの足し方
量の調整の仕方など
本当に情報が見つけられない。
いずれ完母に移行することが前提のミルクの足し方なら
見つかるけれど・・
頑張っても、完全母乳には届かない気がしてならない。
少しづつ出てきている量は増えている気はするけれど・・・。
先日はじめて、母乳をくわえているときに
ゴクンとする音を聞いたところです。

ミルクの足し方を病院の先生に相談しても、
ご両親の考え方次第で、増やすのは全然OK。
体重減らしてもいいから、いずれ母乳のみでやっていきたいと思うのか
等でミルクの足す量は変わってくるから
もう、ミルクの量は、好きなように、としか言えないんだ、
言われてしまった。

一度体重を減らしてしまってるので、なかなか
ミルクをぎりぎりまで減らして頑張る勇気がもうない。
混合でも、完全ミルクでも
娘が健やかに育って、機嫌よく過ごしてくれたら
それがいいなぁ、と私は思っています。
もちろん、少しでも多く、長く、母乳が出たら、それが一番だなぁって思うけど。

今だに、泣いているのがお腹が満たされないからなのか
抱っこしてほしのか、眠いのに寝付けないのか
よくわからなくて、ミルク足りないのかな?
って考えてばかりです。

哺乳類なんだから母乳が出て当たり前、というけれど
昔の人は、粉ミルクなかったころは全員出ていたのかな・・・
それとも、そいう赤ちゃんは生きられないの?
と思って親に聞いたけれど
乳腺炎になるほどいっぱい出る近所の人に母乳をわけてもらったり
おもゆ(おかゆ)を食べさせたり
飼っているヤギや、牛の乳を飲ませりしてたようだ、ときいた。

うちの母も、赤ちゃんのころヤギの乳を飲んでいたと
母の7つ上の姉が話してました。
昔から出ない人は、やっぱり、きっと、出ないのですよ・・・

市町村の母親学級で、母乳がいいよ~、というのは
いいことだけれど、頑張っても、思うように出ない人のために
混合栄養の上手な方法も教えてほしい。
飲まなければ育たないのだから
粉ミルクだって、大事な生命線ですよ。
そいうのがなくて、母乳の良さだけを植え付けられると
精神的にも結構つらいものがあります

さて、まだ母乳とミルクの悩みはつきないですが
一応1か月が無事過ぎ、お宮参りも済ませました。
洋装ドレスは買って持っていたけれど
やっぱり着物も素敵。
お安くレンタルしました。借りて正解 やっぱり気分が違います!
無事1か月育ってよかった。
そしてこれからも無事、健やかに育ってくれますように。
a0214702_10272975.jpg




にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-09 08:16 | | Comments(6)

自宅に戻ったけど・・・

12日からの連休に、実家から、自宅へと戻ることになっていたので
それを目標に、なんとか、実家暮らしもストレスフルだったのを耐えてきたのに
あと1週間で帰れるというときに、急きょ、夫の長期出張が決まってしまった。

出張は21日から。

このまま実家にいさせてもらったら?と夫は言うけれど
このストレスフルな状態をあと数か月送るなんて
気が狂いそう

でも、自宅に戻ったところで、すぐ夫は出張でいなくなるし
娘だけならまだしも、ワンコがいて、朝と夕方のお散歩に行かないとなので
それが一番のネック・・・

もう、究極の選択で、その日は沈むことしかできなかったけれど


出張は年内いっぱいかもしれない、とのことで
このまま実家にいたら、夫は娘と一緒に暮らすことなく
私のてんやわんやぶりも、ろくに把握しないまま
娘は生後4か月くらいになってしまう。
それも、なんか、よくない気がして
慌てて帰宅を1週間早めて丸二週間、夫と娘と同じ家に暮らすことにした。

夫が出張に出た後は、
ワンコと娘をかかえて、できるだけ一人で頑張ってみようと思う。
幸い、実家は車で15分程度なので
最初のころは平日は母親に午前中1時間程度来てもらって
娘を見てもらってる間、私はワンコの散歩に行こうかなと思っている。
週末は、最初のうちは夫が帰ってこれるかもしれないということで、
できるだけ帰ってきてもらう予定。
(住んでいるところは関東 出張は関西)

もちろん、育児は未知の世界なので
あまりにも無理があれば、実家に帰るなり
週の半分帰るなり、どうにでも、本当は、なるんだけど。

でも、ワンコがいるので、ベビーベッドが今のところ必須で
これが、自宅と実家と
寝る場所を簡単に変更できない一番の理由。
ベビーベッドのお引越しは、やっぱり簡単ではない。

夫は、中古でベビーベッドをもう1つ買おうかといったけれど
とりあえず、どこまでできるかわからないし
西松屋でお安い敷布団を買って実家にそれを用意しておいて
出来るだけ、自宅で、一人で頑張ってみようと思ってる・・
甘いかなあ?

とりあえず、一人で娘とワンコを見る上で不安な点は

ワンコのお散歩のとき娘をどうするか
食材や消耗品の買い出しをどうするか
お風呂にどうやって入れるのか
私がお風呂に入るときどうするのか
泣き止まなかったらどうしよう
ワクチンや体調不良など、不安なことを相談する相手がない

などなど、きりがなく不安はあるし
本当に、どうするんだろう?って思うこと
沢山あるだけれど、それでも、やっぱり
出来る限り、実家ではなく、自宅にいたい・・・


にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-07 14:50 | | Comments(4)

生後3週間

a0214702_15145012.jpg

私「シィ」です。生後3週間です。
最初で最後の、顔出しですぅ・・




早いもので生後3週間が過ぎました。
この3週間、充実していたとは全然言えず
迷走しまくって不安でいっぱいの3週間だった。。。

一番悩むのは、

母乳のこと。
  どれくらい出てるのか?飲めてるのか?私の乳はこれ以上はもう出ないの?
足すミルクのこと。
  量は?タイミングは?回数は?

比較的、母乳育児で頑張りましょうという産院の方針に賛成の私は、
なるべく母乳を吸わせようと、
よくわからずに、疑問もまだあまりなくて
色々を掘り下げて質問したりせず、
とりあえず、退院時言われたやり方で、頑張ってたんです。
無理やり頑張ってた。

産後1か月以内に、いっぱい吸わせることが母乳を増やす鍵だとか
夜中に吸ってもらわないと母乳を出すホルモンが沢山でないとか
ネットで見つけた情報にとらわれ
寝入っちゃう娘を何とか起こそうと夜中頑張ってみたり、
(でも可哀想で泣かすような起こし方がいまだに出来ない)
足すミルクが多いから寝てばかりなのでは
とか、無知が無理して頑張ったばかりに
退院後、娘の体重が減ってしまった。
1日に30gくらい増えてるはずが・・・
申し訳ない・・・



退院して、1週間ちょっと
“とりあえず”頑張る自分のやり方に、さすがに不安が募り
母乳育児相談の助産所を訪れてみた。
ここでの第一目的は母乳マッサージ。
オケタニさんにマッサージ指導を受けたという履歴から
痛くないんだろうと勝手に思っていたら
拷問的激痛だった・・しかも、育児相談はほとんど出来ない感じだった。
相談はマッサージを受けている間、できるはずなんだけれど
激痛すぎて、一言もしゃべれなかった、というのが原因。

それでも母乳が出るようになるのなら・・と
この激痛に2回耐えてきました。結果少しは出るようになったものの
3回目は、あまりの痛さに、行くのを挫折してしまった。
思ったような理想の助産所通いにはならなかったけれど
ここで体重の減少を指摘、ミルクを増やすように指導されたので
その点では行ってよかった。
行くのがもっと遅かったらと思うと、結構怖い。


その後は、この助産所には行けてないので、
産院と併設している小児科で体重管理、哺乳量測定、ミルクの量の相談、などしてきて
また来週も行くことになっている
しかし、ここでの哺乳量測定で20分吸わせたにも関わらず
体重増加が、6gだった・・・
あんなに痛い思いしたのに、さすがに凹んだ・・・
もう少し、出てるかと期待したんだけども。
出てないのもだし、吸う力も弱い気も、する。
後半寝ながらだったし・・・と色々、言い訳を考えてみてるけど・・・
現実は6gなのねん


それから産院でやっている母乳マッサージにも昨日いってきた。
最初からここにしなかったのは、
この産院でのマッサージは、ベビーの体重やら哺乳量測定などをやってないこと
時間がどうやら短め、などもあって・・・

でも、ベビーのことは見てくれないものの、
まったく痛くないマッサージで、激痛マッサージと同じくらい
母乳がちゃんと噴出したこと、いっぱい励ましてくれ
母乳の出についても前向きなお話をしてくれたこと

1時間の上、じっくり私のお話を聞いてくれたり、話したりしてくれたこと
最初からこっちに来てたら良かった~と思えるくらい、とてもよかった。
どんなにネットに情報が落ちているとはいえ
書いてあることはバラバラだし、自分とすべてが同じとは言えないし
今抱えている不安を、順を追ってゆっくり話せて、それを聞いてくれて
経験豊かで、優しい助産師さんが、統一したやり方の答えをくれること
何よりも、今一番必要としてたのは、こいう答えだったのかも、と思えて
ずいぶん肩の荷が軽くなった気がした。
聞いてきたことが全部実践できて、うまく軌道にのるとは限らないけれど
とりあえず、ずいぶんスッキリした。


精神的にも、ずしーんと沈んだり、泣いてみたり、落ち着いてみたり。
自分の肉体的にもまだシンドイはずだけれど、
それ以上に抱えきれないほどの疑問と不安とに押しつぶされそうになりながら
なんとか、3週間迷走してきた感じ。

まだまだ、足すミルクの量やら回数やらは、実はよくわかってないんですけど。。
どんな様子からミルク足りてないってわかるのか??
来週は10cc足増やしていいのかなぁ??などなど・・
なかなか、迷いに迷ってる日々です・・



にほんブログ村 子育てブログ 乳児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 2013年4月~14年3月生まれの子へ
にほんブログ村
[PR]
by mimooon | 2013-10-01 15:26 | | Comments(4)